内緒のキャッシングには落とし穴もある

 

キャッシングを利用する理由は人それぞれですが、中には家族にもバレないで利用したいという方も中には当然いるでしょう。キャッシングは然るべき手順を踏みさえすれば、家族にバレないで内密に利用を進めることも可能です。この方法で利用している方もいることでしょう。しかし、その後のことを考えられている方はどれだけいるでしょうか?実は、どれだけ内密にキャッシング利用ができたとしても、利用した痕跡が残り、それが発端で家族にバレてしまうケースもあるのです。では、一体どのようことがバレていまうまでに至るのでしょうか?ここでは代表的な3パターンを紹介していきましょう。

 

まず多く挙げられるのは通帳です。家族で利用している通帳ともなればその可能性はより上がってきますが、つまり通帳に残ったキャッシング利用の痕跡が原因になってしまうのです。
キャッシングの借入には幾つかの方法が選択できます。一般的にはATMや口座振り込みになってきますが、口座振り込みを利用した場合に、利用して通帳が落とし穴になっていまうのです。口座を通じて借入、返済を利用すれば当然その記録が通帳に残ってしまいますよね?また、利用明細が届くことも考慮しなくてはいけないため口座振り込みは、内密の利用にはあまり適しているとは言えませんよね?借入方法は利用明細もその場で発行され、通帳も使わないATM利用がおすすめです。

 

カードローン利用のカードに注意

2つ目は、カードローン利用のカードです。キャッシング利用はこのカードローンが主流となりますが、そのカードを見られてしまえば、当然キャッシングの利用を疑われるのも必然的ですよね?家族の目がつくようなところに置いていたり、財布の中に入れておいて、そのサイフの中をなんらかの形で見られてしまうことも、家族内であれば無いとは言い切れません。レジての支払いを頼む場合やお金はサイフから取っておいてと口にする場面も日常ではあるのではありませんか?

 

カードをサイフの中に保管しておくのは良い考えといえますが、そのサイフ自体の管理も怠ってはいけません。これはカードが入っていなくても言えますが、内密に利用したいのであれば気を使うのにも越したことはありません。
それでも、中にはそのサイフを家族も頻繁に手にするという家庭もあることでしょう。そんな方には、キャッシュカードにローン機能を付けることもできる銀行カードローンの利用が良いでしょう。あくまでもキャッシングの利用が分かるカードを家族に晒してしまうことだけは避けるべきでしょう。

 

最後のポイントですが、これはバレるバレない関係なく気をつけなくてはいけないことです。それは返済日を遅れないことです。1日でも滞納してしまうと会社側からの連絡が必ず入りますし、ハガキぎ届くこともあります。基本は事前に提示した連絡先、携帯電話やメールアドレスにですが、その時点で返済ができればそれ以上の連絡はありません。しかしそれでも滞納が続くようであれば、連絡は自宅や勤務先にまで入ってしまうため必ずバレていまいます。

 

しかし大手の会社であれば、電話の場合は「◯◯ですが…」というように、ハガキの場合も「◯◯センター」と、返済の催促とは分からないように、気を遣ってはくれます。けれど当然返済が済まされずに何度もそういった連絡が入れば周囲も次第に怪しいと思うはずです。家族にも内密に利用していた上に、返済が遅れていることも知られてしまえば元も子もありません。その分払わなくてはならない金額もふえてしまいます。

 

もしも返済が遅れるようであるならば、自分から連絡を入れることが大切です。すると大手の会社は「利息分だけ」「まずは、少額だけ」というように何らかの解決策を示してくれます。
返済を遅れないことはキャッシング利用での鉄則ですが、遅れてしまいそうと思えたら直ぐにでも連絡は入れましょう。